購入はこちら, オーディオテクニカが誇る50年にもわたる技術が集約された伝統的な一品です。独特のJ字型ユニバーサル式トーンアームを採用していて、高さを細かく調整することも可能です。幅広い種類のカートリッジにも対応し、音質を聴き手が調整することができます。, 不要な振動を抑えるために40mmの高剛性MDFシャーシ、20mm厚の切削ポリオキシメチレンのプラッターを採用しています。カートリッジはオンオフの切り替えが可能で、フォノイコライザーも採用しているので初心者でも扱うことが可能です。, 商品名:オーディオテクニカ アナログレコードプレーヤーaudio-technica AT-LP7 暮らし, リピ買いワーママ急増中!毎日のプチ贅沢に使いたい○○のライフスタイルブランドに注…, これすごい!【ダイソー】ブレスに見えるこれって一体?冬おしゃれあるあるを解決【川…, 最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。, 女として、妻として、母として、毎日忙しいワーママが、ファッション・美容・ライフスタイル・・・、今より楽しくなれる!元気になれる!気持ちよくなれる!こと限定でお届けするWebメディアです。, © Shogakukan Inc. All rights reserved. これらのポイントを押さえておくことで、レコードプレーヤー選びの失敗をぐっと減らせますよ。 家電ジャーナリストの安蔵靖志さんへの取材をもとに、レコードプレイヤーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。旧来的なレコード再生だけではなく、Bluetoothスピーカーに接続してアンプなしでワイヤレス再生したり、ハイレゾ音質でデジタル出力したり、楽しみ方も変わってきています。 近年、cdが売れない中でレコードプレーヤーの需要はむしろ高まっています。最近のレコードプレーヤーは、デジタル機器に接続できるものやトランク型、価格も安いものから幅広く選択肢があるので迷ってしまいますよね。そこで、初心者でも失敗しない選び方をご紹介します。 中級者におすすめのレコードプレーヤーを5つ紹介しました。初心者用プレーヤーからステップアップしたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね! 【2020年版】おすすめレコードプレーヤー 17選. まとめ レコードプレーヤーは、初心者向けのエントリーモデルなら操作も簡単で扱いやすいですし、上級者には音質にこだわったハイエンドモデルの検討もおすすめ。 レコードは昨今再びデジタルとは違う魅力により若者世代からも支持を集めるようになっており、その需要とともにレコードプレイヤーにも注目があつまっています。 これらのポイントを押さえておくことで、レコードプレーヤー選びの失敗をぐっと減らせますよ。 購入はこちら, Bluetooth対応、ヘッドフォン端子も搭載していて、豊富な出力が魅力のレコードプレーヤーです。再生もフルオートなので初心者にも扱いやすく、音楽再生終了時にはトーンアームが自動で戻るフルオートマチック式を採用しています。, オンオフの切り替えが可能なフォノコライザー、再生時には33-3/1、45回転の2種類のスピードを選ぶことができるなど、高性能なプレイヤーで、付属のソフトを使うことでPCでもレコードを聴くことができます。初心者から上級者にまでおすすめできる一品です。, 商品名:AKAI Professional フルオート高品質レコードプレーヤー Bluetooth対応 BT100 木で作られたレコードプレーヤーはどこか柔らかさを感じることができ、部屋の雰囲気をガラリと変えてくれます。usb経由でiosデイバイスにも録音できるので使い勝手も抜群。1歩先を置く、デジタルとアナログが融合したおすすめのレコードプレーヤーです。 2020/12/23 - 黒田恭一とアナログレコード(後):【公式】データ・マックス NETIB-NEWS NET-IB NEWS - www.data-max.co.jp黒田恭一とアナログレコード(後):【公式】データ・マックス NETIB-NEWS - NET-IB NEWS; 価格帯別・オススメのアナログプレーヤー … レコードプレーヤーは、昔懐かしいレコードならではの音を楽しめるアイテムです。最近では、Bluetooth搭載やスピーカー内蔵など、さまざまな便利機能が備わったモデルも多くラインナップ。この記事では、レコードプレーヤーの選び方とおすすめモデルをご紹介します。 一応、ダイレクトドライブのレコードプレーヤーで標準的な性能と音質を有しており、仕様が上級機のdp-1300mkiiとほとんど変わらないと木目のキャビネットは、まずまずの高級感があり価格的にも安い方なのでオススメのレコードプレーヤーとしました。 【さまざまなメーカー】レコードプレイヤーおすすめランキング10選. レコードプレーヤー人気売れ筋ランキング!今売れている人気製品をランキングから探すことができます。価格情報やスペック情報、クチコミやレビューなどの情報も掲載しています レコードプレーヤーを選ぶ3つのおすすめの選び方! レコードプレーヤーを選ぶ時には「回転方式」「カートリッジの種類」「フォノイコライザーの有無」を確認して選びましょう!. そんな方に、ION(アイオン)のポータブルレコードプレーヤーをおすすめします。 各社のポータブルレコードプレーヤーを比較して購入し3年以上使った感想です。 ION Audioアナログ レコードプレーヤーのメリット. あなたのレコードの音を本当の意味で心の中に届けてくれる。 最初に申し上げておきたいのだが、このプレーヤーはちょっとばかりセッティングが難しい。 角度調整やねじの締め具合などとても繊細なプレーヤー … レコードを聴く際におすすめのスピーカーを紹介しました!どれも圧倒的に音質が良いものばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。楽しいレコードライフを送りましょう。 購入はこちら, クォーツロック・ダイレクトドライブ方式が採用されているため、円盤の回転が非常になめらかです。それによって音楽を正確に再生することができます。マスター音源をそのままの音質で再生できる、本格派のレコーダーです。, MDF製のキャビネットに加え、トーンアームはスタティックバランスのS字型のため細かい調整が可能です。カートリッジも交換可能なため、こちらも自分の好みの音質に合わせたものを採用することができます。, アナログ音源の良さを十全に堪能できるハイスペックなレコーダーですが、スタンダードなモデルのため初心者にも扱いやすい仕様です。, LIFESTYLE 世間の状況を受けて、なにかと自宅にいる時間が長くなっている今日このごろ。そうなってくると、BGM的に音楽を聴く時間が増えてくるし、それ以上にリラックスしてじっくり音楽と向き合いたくもなってくる。そんなシチュエーションにピッタリなのが、アナログレコードだ。, 端的にいって、アナログレコードの音は耳馴染みがよい。聴いていて、ずいぶんと心地よく感じられるのだ。これにはざまざまな理由があるといわれているが(それらに関しては別の機会があったら紹介させてもらおう)、結果として、現在主流のデジタル音声とは趣の異なるナチュラル&ニュートラルな音色を持ち合わせているのは確かだ。, また、サウンドだけでなく、30cm×30cmサイズという大柄なジャケットや針で溝をトレースして音を拾い上げる機械的な興味深さ、そして“レコードをかける”という所作そのものなど、アナログレコードには沢山の魅力を持ち合わせている。また、海外でアナログレコードブームが再燃していることもあって、名盤の再プレスだけでなく新譜などもリリースされて、アナログレコードを楽しめる環境もずいぶんと整ってきている。ぜひ、このタイミングでアナログレコード鑑賞を初めて見てはいかがだろうか。, とはいっても、必ずしも大仰なホームオーディオシステムを用意する必要はない。イマドキのアナログレコードプレーヤーのなかには、Bluetoothスピーカーひとつあれば楽しめる製品もあって、ミニマルなスペースでも存分に楽しむことができたりもする。まずはこういったモデルから、気軽にアナログレコードプレーヤーならではのサウンドを楽しんでみるというのもありだろう。, そこで、今回の記事では“これからアナログレコードを楽しみたい”人にピッタリな製品を、5万円前後までのラインアップのなかからチョイス。システム構築の手軽さやセッティングの容易さ、コストパフォーマンスの高さ、将来的な発展性など、これから新たにアナログレコード環境を構築する人におすすめできる製品を取り揃えた。ぜひ、参考にしていただけたらと思う。, ヘッドホンだけでなくアナログレコード針でも有名なオーディオテクニカ。レコードプーレーヤーの製造・販売も手がけており、「AT-LP60XBT」はエントリークラスに位置するモデルとなる。aptXコーデックに対応したBluetoothトランスミッターが搭載され、BluetoothスピーカーやBluetoothヘッドホンで良質なサウンドを手軽に楽しめるほか、スタートボタンを押すだけでレコードの再生/停止を行ってくれるフルオート式のため、初心者であっても手軽に音楽再生を行えることができるのも大きなメリットといえるだろう。, また、比較的手頃な価格であるにもかかわらず、アルミダイキャスト製プラッター(レコードをのせる円盤部分)や専用トーンアームベース/ヘッドシェルを採用するなど、音質に関しても細やかな作り込みがなされているのもうれしいポイントだ。さらに、ライン出力は内蔵フォノイコライザーをパスする設定も用意されていて、将来的な発展にも配慮されている。この価格帯でこれだけの充実した内容のモデルはなかなかない。この辺りはさすがオーディオテクニカといったところだ。, BluetoothトランスミッターとMMフォノイコライザーを搭載したベルトドライブ式のアナログレコードプレーヤー。ライン出力は内蔵フォノイコライザーをパスする設定も用意されていて、将来的な発展にも配慮。Bluetoothトランスミッターは、SBCコーデックに対応している。, 使い勝手のほかに「TN-280BT」ならではのポイントといえるのが音質に対するこだわりだ。プラッターにはアルミダイキャスト製を、キャビネットには高密度MDFを採用し、高い剛性と制振性を確保することで音質を向上させている。また、トーンアーム(カートリッジを取り付ける部分)は針圧の微調整が可能なカウンターウエイトや、アンチスケーティング調整機構を持つ本格タイプを採用。手軽にシェルごとカートリッジを交換できるタイプなので、いろいろなタイプのレコード針を試すことも可能だ。手軽な価格でありながら、作りのしっかりした良質な製品といえる。, aptXコーデックに対応したBluetoothトランスミッター機能を搭載し、BluetoothスピーカーやBluetoothヘッドホンで気軽に良質なサウンドを楽しむことができるアナログレコードプレーヤー。さらに、MMカートリッジ対応のフォノイコライザーを内蔵しているほか(パススルー可能なライン出力を用意)、パソコンと接続することでレコードの音を録音可能なUSB端子や、レコードのオーディオレベルやお好みに応じて、出力レベルを好みに応じてLOW/MID/HIGHの3段階で調整できるゲインセレクト機能など、充実した機能性を持ち合わせている。また、STARTボタンを押すだけでペアリング済みのBluetooth再生機器と接続し、さらにはレコードの自動再生や停止(オートスタート、オートリターン、オートストップの3つが行える)を行ってくれる「ステップフルオートプレイ」も搭載。手軽にアナログレコードのサウンドを楽しむことができるようになっているのもうれしいところだ。, 薄型のキャビネットや独自デザインのトーンアームなど、シンプルかつスマートな佇まいにも好感が持てる。カートリッジ交換に非対応なのは残念だが、手軽にアナログレコードを楽しみたい、という人にはピッタリの製品といえるだろう。, 「アースフレンドリーで環境に配慮した商品を作ること」を掲げ、竹やリサイクルシリコン、再生可能なアルミニウム素材、織り地など、環境に配慮した素材によって製品作りをおこっている個性派ブランド、The House of Marleyのベルトドライブ式アナログレコードプレーヤー。竹を全面にあしらったキャビネットは、置いてあるだけで存在感を主張してくれる。とてもオシャレな雰囲気を持つプレーヤーだ。しかしながら、デザイン重視の製品というわけでなく、音質的にも評判がよく、なかなかに完成度の高い製品となっている。カートリッジは交換可能。内蔵のMMカートリッジ対応フォノイコライザーは、パススルー出力も可能となっている。, また、Bluetoothトランスミッター搭載によって、Bluetoothスピーカーやヘッドホンとの組み合わせでも、気軽に音楽が楽しめるようにもなっている。さらに、ヘッドホン出力も用意されていて、有線ヘッドホン等で直接音楽を楽しむこともできる。正直いって、その外観だけでも十分に魅力的だが、音質、そして機能性と、価格を大きく超えた充実した内容を持ち合わせているのは間違いない。, 薄型キャビネットを採用する、スマートなデザインのベルトドライブ式アナログレコードプレーヤー。MMカートリッジ対応のフォノイコライザーを内蔵する(オン/オフ切り替えが可能)ほか、33 1/3、45回転に加えて78回転にも対応している。また、自立する独特デザインのダストカバーが付属され、レコードジャケット・スタンドとして活用することができるなど、使い勝手の面でも細やかな配慮がなされている。, とはいえ、「DP-400」最大の特長は音質の追求だろう。新開発のS字型トーンアームを採用するほか、アルミダイキャスト製プラッターを採用。さらに、音質を追求した結果としてマニュアル方式の操作を採用するなど、エントリークラスとは思えない音質追求がなされている。結果としてのサウンドは、このクラスとしては望外といえるレベルに達している。, ちなみに、「DP-400」にはレコード再生が終了するとトーンアームが自動にリフトアップし、回転も自動でストップしてくれる「オートリフトアップ&ストップ機能」が搭載されているが、こちらはカートリッジやレコードを痛めてしまうことから回避するために用意されたもの。おかげで、ついうとうとしてしまってもカートリッジを傷めることがなく、ありがたいかぎりだ。, 厚みのあるキャビネットやクラシカルなデザインを採用する、ダイレクトドライブ方式のアナログレコードプレーヤー。本格派といえるマニュアル操作アナログレコードプレーヤーのため、フォノイコライザーは非搭載。その代わりに、アルミダイキャスト製プラッターやアンチスケーティング機構搭載のスタティックバランス式のS字アーム、ブラシレスDCサーボモーター、高さ調整可能なインシュレーターなど、徹底した音質重視設計と細やかな調整が可能な造りとなっている。, その分、セッティングに関してはかなりの追い込みが必要となってくるが、拡張性も含めてまったく文句のないレベル。将来的な発展もあらゆるシチュエーションが考えられる自由度を持ち合わせている。この価格帯でこの自由度を持ち合わせている製品はなかなか見つからない。アナログレコードプレーヤーを徹底的に使い込んで見たいこだわり派にはもってこいの製品だ。, 新開発の薄型ブラシレス・ダイレクトドライブモーターや、サエクとのコラボレーションによって作り上げたナイフエッジ軸受けを持つスタティックバランス型S字トーンアームを搭載するモデル。高密度MDFキャビネットやアルミ削り出しインシュレーター、SUMIKOのMMカートリッジ「OYSTER」の採用など、こと音質に関しては徹底的にこだわった、この価格帯としては望外といえる充実した内容を誇る。当然、カートリッジの交換が容易など、将来的なアップグレードにもしっかり対応してくれている。, いっぽうで、パススルー出力が可能なMMカートリッジ対応フォノイコライザーやパソコンと接続することでレコードの音を録音可能なUSB端子など、使い勝手や機能面でもしっかり配慮されている。このあたりのバランスのよさは、TEACならではの製品コンセプトといえるかもしれない。音質にこだわりたい人、特にサエクと共同開発したトーンアームが気になる人はぜひ注目だ。, ピアノブラック仕上げの木製キャビネットを採用する、ベルトドライブ方式のアナログレコードプレーヤー。カーボンファイバー素材を採用したストレート型トーンアームを採用するなど、一見するとかなり尖った仕様にも見えるが、実はヘッドシェル「AT-HS4 BK」採用によりカートリッジが手軽に交換できたり、パススルー対応のMMフォノイコライザーが内蔵されていたりと、使い勝手や将来のアップグレードに関して、十分な配慮がなされている。, ちなみに、オーディオテクニカ製アナログレコードプレーヤーの最上位モデル「AT-LP7」は、一般的なシェルが利用できるL字型アームと、MCカートリッジにも対応するフォノイコライザーを備えるが、「AT-LPW50PB」のフォノイコライザーはMMのみの対応で、ストレートアームのためシェルもちょっと特殊なタイプとなっている。しかしながら、価格設定や仕様の思い切りのよさを考えると、なかなかに魅力的にも思える。デザインと音質、コストパフォーマンスと、3拍子揃った製品と言っていいだろう。, 1973年に創業したRegaは、レコードプレーヤーやトーンアームなどアナログ関連製品を手がけるオーディオブランド。“Made in England”にこだわっていて、自社内での製品組み立てはもちろん、キャビネットやアームなどの各パーツに関しても自社工場での生産を行っている。, そんなRegaのエントリーモデルがこの「Planar 2」だ。とはいえ、最エントリー機「Planar 1」のひとつ上というよりも、さらに上位のモデル「Planar 3」のハイコストパフォーマンス版、簡易設定モデルといった内容となっているのが特徴だ。たとえば、製品を初めて使用する際は、箱から取り出して組み立て(MM型カートリッジ「Carbon MM」が付属)、ベルトを掛けて針圧をチェックするだけでほぼ完了。あとは設置位置の水平を気にするくらい。別途MMフォノイコライザーを用意する必要があるため、予算的に今回の記事としては一番高くなってしまうが、こと手軽さに関しては右に出るものがいないくらい楽ちんだ。, そして何よりも、薄型キャビネット&ガラス製プラッターが、なんともいえずカッコイイ。それでいてロックも似合う厚みのあるサウンドを持ち合わせているなど、音楽がとても楽しく聴こえたりもする。取り出してすぐに最良の音を楽しみたい、という人にはピッタリの製品だ。, なお、完全に予算オーバーとなるが上位モデル「Planar 3」はさらに良質なサウンドになるので、(フォノイコライザー含めて)予算に余裕がある人はこちらも含めて検討してみて欲しい。, 今回の企画としてはやや予算オーバーとなるが、有線&無線ネットワーク機能を搭載し、ワイヤレスでアナログレコードのサウンドを楽しめるヤマハ「TT-N503」も紹介しよう。, こちら、同社がワイヤレススピーカーやサウンドバー、AVアンプなどで採用している独自のワイヤレスネットワーク機能「MusicCast」に対応し、アナログレコードの音を「MusicCast」対応機器にワイヤレス接続して再生できるほか、192kHz/24bitと11.2MHz DSDに対応するネットワークオーディオ機能を搭載。AirPlay再生や、「Spotify」「radiko.jp」などの音楽配信サービスを楽しむこともできる。さらにBluetoothレシーバー機能も搭載していて、スマートフォン等の音楽も再生することができる。これ1台で多くのソースが楽しめるという、アナログ音源とデジタル音源がシームレスで聴ける統合プレーヤー製品となっているのだ。こういった製品は、ほかにほとんど存在しない。アナログレコードも楽しみたいがデジタル音源も活用したい、という人には、なかなかに魅力的な製品となってくれるはずだ。, ちなみに、この「TT-N503」からネットワーク機能を省略した下位モデル「TT-S303」も用意されているので、シンプルにレコード再生機能だけでよい、という人はこちらをチョイスするのもありだろう。, ヘッドホンなどをはじめ幅広いジャンルで活躍するAVライター。ハイレゾ音源についても造詣が深く、アニソンレーベルのスーパーバイザーを務めるほか、TBSテレビ開運音楽堂「KAIUNハイレゾ」コーナーではアドバイザーとしてレギュラー出演している。, ※情報の取り扱いには十分に注意し、確認した上で掲載しておりますが、その正確性、妥当性、適法性、目的適合性等いかなる保証もいたしません。 木で作られたレコードプレーヤーはどこか柔らかさを感じることができ、部屋の雰囲気をガラリと変えてくれます。usb経由でiosデイバイスにも録音できるので使い勝手も抜群。1歩先を置く、デジタルとアナログが融合したおすすめのレコードプレーヤーです。 【さまざまなメーカー】レコードプレイヤーおすすめランキング10選. Amazon:購入はこちら, 『DL-636BP』は1万円以内という安価な価格帯でありながらも使える機能が多く、操作も簡単なので初心者向けです。, スピーカー内・ヘッドフォン端子搭載であり、本機があれば音楽をたのしむことができます。外部機器からの再生も可能で、USBやBluetoothにも対応しているのも特徴です。, そして最大のポイントは、内蔵バッテリーにより屋外でも4時間の使用が可能という点でしょう。トランク型のデザインで取っ手も付いているため、持ち運びも楽ですし、デニム調のデザインもスタイリッシュなデザインは屋外でもオシャレです。, 実用性が高く、外出先や旅行先でも良質な音楽を聴きたい人におすすめのプレーヤーです。, 商品名:D&L SOUL レコードプレーヤー スピーカー内蔵 usb端子 cd ヘッドホンジャック Bluetooth対応 ブルートゥース SDプレーヤー DL-636BP-NEW 初心者向けのレコードプレーヤーおすすめ機種. ・アナログレコードで懐かしの曲を聴いてみよう おすすめのレコードプレーヤーと選び方をご紹介します。レトロな音質がいいと人気を集めているレコードプレーヤーですが、アナログはもちろん、Bluetoothやハイレゾ対応のものもあります。レトロな味わいから最新の音楽まで、ジャンルに合った音質で楽しみましょう。 まずは、おすすめする理由です。 「レコードプレーヤー」の人気が再燃しています。レコードプレーヤーはcdよりも再生に手間がかかるだけに選び方が重要です。また、初心者にとっては扱い方も難しいもの。そこで、レコードプレーヤーの基礎からおすすめモデルまでご紹介します。 アナログレコードプレーヤーを徹底的に使い込んで見たいこだわり派にはもってこいの製品だ。 ... おすすめの動画配信サービス人気12社を料金や特徴別に徹底比較 . 購入はこちら, 最後に紹介するのは、本格派に向けたこだわりのレコードプレーヤーです。よりアナログの上質な音楽に触れてみたい、あるいは自身で機器をカスタマイズしたい人向けの機種を紹介します。, ハウリング特性を高めた大型のターンテーブルに高感度のトーンアームなど、音質にこだわるためのパーツが各種採用されています。, 外部振動を排除するインシュレーターによって、サウンドがより鮮明になり、ダイレクトドライブ式のターンテーブルによってスピードと重量感を生み出すことが可能です。, 付属するカートリッジは標準的なMM型ですが、交換することで巧みに表現を変えることができます。DJ機とまではいきませんが、より音にこだわった音楽を聴きたいのであれば十分に需要を満たしてくれる製品です。, 商品名:DENON アナログレコードプレーヤー 木目 DP-500-M 現在発売中のムック『大人のオーディオ大百科』より、恒例となっている、プロがすすめるコンポーネントの組み合わせを紹介しよう。選者は、麻倉怜士氏と林正儀氏。予算30万円前後で組める、スピーカー、アンプ、プレーヤーのセットを提案してもらった。 まずは、おすすめする理由です。 レコードプレーヤーというと古いイメージがあるかもしれませんが、最近は初心者にもおすすめのもの、デザインがおしゃれ、価格が安いものなど、多数のメーカーから製品が出ております。今回はそんなレコードプレーヤーの中で2019年現在おすすめの21種をご紹介します。 購入はこちら, 洗練されたデザインが特徴の『DP-300F-SP』は、フルオートタイプのレココードプレーヤーです。カートリッジも付属していて、フォノイコライザーもあらかじめ内蔵されているため、初心者でも簡単に再生することができます。, この機種の最大の特徴は拡張性の高さにあります。カートリッチの交換が可能なため、元々付属されているMM型からMC型に切り替えることもできます。リフレクターバーを利用して手動操作も可能です。, ターンテーブルの交換やスタビライザーの使用など、各パーツの交換が可能なため、上級者でも扱いやすい機種です。初心者の中でも、レコードの奥深さを知ってみたいという人におすすめです。色は銀と黒の2種類から選ぶことができます。, 商品名:DENON アナログレコードプレーヤー フルオート プレミアム 『レコードプレーヤーおすすめ 上級』の関連ニュース. 今、密かに再燃しているレコードブーム。 デジタルでは聴くことのできない奥行きと温かみのある音を求め、アナログレコードで音楽を楽しむ人が増えているんです。 値段もハードルも高いと思われがちなレコードプレーヤーですが、実は初心者におすすめなものもたくさん。 アナログレコードをワイヤレススピーカーで楽しめるステレオレコードプレーヤー。SONY PS-LX310BT全国各地のお店の価格情報がリアルタイムにわかるのは価格.comならでは。製品レビューやクチコミもあります。 現在発売中のムック『大人のオーディオ大百科』より、恒例となっている、プロがすすめるコンポーネントの組み合わせを紹介しよう。選者は、麻倉怜士氏と林正儀氏。予算30万円前後で組める、スピーカー、アンプ、プレーヤーのセットを提案してもらった。 2020/12/23 - 黒田恭一とアナログレコード(後):【公式】データ・マックス NETIB-NEWS NET-IB NEWS - www.data-max.co.jp黒田恭一とアナログレコード(後):【公式】データ・マックス NETIB-NEWS - NET-IB NEWS; 価格帯別・オススメのアナログプレーヤーはコレだ! レコードプレーヤーというと古いイメージがあるかもしれませんが、最近は初心者にもおすすめのもの、デザインがおしゃれ、価格が安いものなど、多数のメーカーから製品が出ております。今回はそんなレコードプレーヤーの中で2019年現在おすすめの21種をご紹介します。 おすすめのレコードプレーヤーと選び方をご紹介します。レトロな音質がいいと人気を集めているレコードプレーヤーですが、アナログはもちろん、Bluetoothやハイレゾ対応のものもあります。レトロな味わいから最新の音楽まで、ジャンルに合った音質で楽しみましょう。 レコードプレーヤーは、近年多くの人気アーティストがレコードをリリースしたことで、親しみのない世代からも多く注目を集めています。 上級者向けから、簡単に再生できるものも続々販売されています。 レコードプレーヤーは、初心者向けのエントリーモデルなら操作も簡単で扱いやすいですし、上級者には音質にこだわったハイエンドモデルの検討もおすすめ。 古き良き昭和の時代に多くの人々の間で慣れ親しまれたレコードプレーヤー。レコードは簡単に操作できるので初心者にもおすすめです。過去に人気だったレコードプレーヤーのから現在のおすすめモデル、初心者向けの人気の商品の数々を紹介します。 ・USB接続対応のレコードプレーヤーおすすめ機種 レコードプレーヤーおすすめランキングtop3!【パソコンへの取り込み可能】 レコードプレーヤーおすすめランキングtop3!【おしゃれなデザイン】 レコードプレイヤーの「フルオート再生」とは? レコードプレーヤーのおすすめ商品をまとめ表で比較. といった方のために、レコード好きの筆者が、初心者にもおすすめのレコードプレーヤーを10台ランキング形式でご紹介していきます。 レコードを聴いてみたいけど、プレーヤーは高そうだし、何から選んでいいかわからない・・・といった、レコード初心者に向けて記事を書きました。 アナログレコードプレーヤーとは、レコードを再生するための機器です。アナログレコードプレーヤーは、年配の方だけでなく若者の間でも人気になってきています。しかし、アナログレコードプレーヤーにはいろいろな種類がありどのように商品を選べばいいか分からない方も多いと思います。 今、密かに再燃しているレコードブーム。 デジタルでは聴くことのできない奥行きと温かみのある音を求め、アナログレコードで音楽を楽しむ人が増えているんです。 値段もハードルも高いと思われがちなレコードプレーヤーですが、実は初心者におすすめなものもたくさん。 レコードの終わりでアームがリフトアップして停止する便利なプレーヤー。 重心が低く安定感のある音で、価格から考えるとコストパフォーマンスが高いですね。 sl-1200mk5やこのdp-57lくらいのプレーヤーであれば、十分にレコード再生を楽しめるでしょう。 ・本格派向けのこだわりレコードプレーヤーおすすめ機種, 1970年代から80年代にかけて、日本ではアナログレコードが最盛期を迎えていました。伝説的なロックバンドやアイドルの曲を聴くために、多くの人が自宅にアナログレコードを所有していたのです。, やがてCDが発売されてからアナログレコードは廃れていきましたが、ここ最近、アナログレコード熱が再燃しているのをご存じでしょうか? 昔懐かしの曲や最新の曲を、アナログレコードで聴いてみませんか?, 日本レコード協会の調査によれば、2018年のアナログレコードの売上は、2009年時に比べておよそ10倍にも推移しています。ソニーの音楽部門がアナログレコードの自社一貫生産をおよそ30年ぶりに再開することでも話題を呼びました。, 特に欧米では、アナログレコードは1980年代とほぼ同程度流通しています。もはやアナログレコードは古き良き趣味ではなく、現在の音楽ハードの一つと言えそうです。, 一般社団法人日本レコード協会「生産実績 過去10年間 オーディオレコード アナログディスク」, アナログレコードは持ち運びもしにくく、現在のようにスマホがあれば色々な音楽を聴くことができる環境下では、一見して不便なように思えます。しかし、なぜ今になって若い世代を中心に再び普及し始めているのでしょうか?, 最大の理由は『音質にこだわることができる』という点です。アナログレコードはカートリッジやリード線といったハードの部分ばかりだけではなく、針圧やスタビライザーなどのパートによって、デジタルよりも幅広くて繊細な音域を調節することができます。, アナログレコードは、可聴周波数を超えた音域を含むアナログレコードは、デジタルよりも膨大な音のデータを有しているのです。, 同じ曲を聴いたとしても、アナログはデジタルよりもはるかに魅力的な音を奏でてくれるのです。特別な1曲を聴くのであれば、アナログレコードを選ぶ人が多いのは当然だと言えるでしょう。, レコードプレーヤーを入手する際にどのような基準で選べばいいかを、レコードプレーヤーの主な機能とともに解説します。, レコードを乗せる円盤を『ターンテーブル』と呼びます。ターンテーブルには『ダイレクトドライブ式』と『ベルトドライブ式』の2種類がありますので、それぞれの特徴を押さえておきましょう。, ダイレクトドライブ式とは、モーター軸とターンテーブルを直接結合させる方式で、始動と停止が非常にスムーズです。スクラッチなどの操作をする際にはこちらを選ぶことになります。精度の高いモーターが必要になるため、高額になりやすいので、あまり初心者向きとは言えません。, 一方で『ベルトドライブ式』はゴムベルトを用いてターンテーブルにモーターの回転を伝えます。回転が安定しているほか、安価なものも多く種類も豊富なのが特徴です。初心者が選ぶのであればベルトドライブ式がおすすめでしょう。, 『フォノイコライザー』とは、レコードプレイヤーの出力を増幅し、レコードに収録する前の音に戻す機器のことです。アナログレコードには欠かせない機器の一つと言えます。, フォノイコライザーはあらかじめ内蔵されているものと、そうでないタイプがあります。内蔵されていれば導入に必要な費用も抑えられますし、設置する手間もかからないため初心者向きです。, 一方、内蔵されていないタイプはフォノイコライザーを別に用意する必要があります。そのためコストや設置の手間は必要ですが、フォノイコライザーの種類にこだわることができるため、上級者向きです。, その他にも、レコードにはレコード針やカードリッジ、トーンアームなどの付属部品が必要です。それらの部品がついていることを確認しましょう。, カートリッジにはMM型とMC型がありますが、初心者にはMM型がおすすめです。トーンアームは、カートリッジと一体になっている『インテグレーテッドタイプ』と『ユニバーサルタイプ』があります。特にカスタムの予定などがなければ、インテグレーテッドタイプの方が使いやすいです。, その他、USBに対応可能なものなど、近年のレコードにはさまざまな種類があるので、自身の使い方に合わせた機能に対応したものを選んでみてください。, レコードプレーヤーは初心者向けから上級者向けまで、機種によってさまざまなものがあります。まずは、操作や手入れが簡単な初心者向けのレコードプレーヤーを紹介します。, レコードの中では比較的低価格で購入できるため、初心者がお試しに購入するのにうってつけです。フルオート再生なので複雑な操作は一切いりません。レコードをセットし、ボタンを押せば曲が流れます。, フォノコライザーを内蔵しているのでスピーカーさえあれば音楽を流すことができます。ダストカバーでホコリをかぶらないようにしていますし、メンテも楽です。ターンテーブルはアルミダイカストが採用されていて、回転ムラを抑えたクリアな音質を可能にしています。, デザインはシンプルで男女問わずに人気があります。はじめてレコードに触れるという方は、こちらの商品を選んでみてはいかがでしょうか。, 商品名:audio-technica ステレオターンテーブルシステム ブラック AT-PL300 BK

英語日記 ノート おすすめ, 横浜 ラーメン 24時間, 名古屋市 マイナンバー 住民票, お供え花 メッセージ 例文, 名古屋駅 名鉄 乗り換え, カープ 選手 年齢, マツダ ファミリア 旧車, 高齢者 賃貸 更新, 韓国 人口減少 理由, プライド 歌詞 三代目, 函館 舞台 映画,

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

沖縄料理シーサー

【住所】愛知県大府市共栄町9-9-9
【電話】0562-44-3799
【営業時間】17:00~24:00(LO.23:30)
【定休日】毎週月曜日

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△