放送日:8月24日; 原作:幸和也「大空への旅立ち がんと闘いながらも夢見ていた未来」(文芸社) 脚本:橋部敦子; 出演:大野智、深田恭子、三浦友和 他; 人生がときめく片づけの魔法(公式サイト) - ゲツキン! 24時間テレビ 2013 ドラマ 出演者 24時間テレビ 2013 ドラマ 出演者 ドラマ「今日の日はさようなら」は、、、、 幸和也さんの闘病記「大空への旅立ち がんと闘いながらも夢見ていた未来」 (文芸社)が原作です。 田舎で生まれ育ち、大学を中退し、いくつか職を変えてきた2.. - おはようハクション大魔王 - グッド・モーニング!! !サタデー』・『メレンゲの気持ち』内でスタートする場合もある。, 第3回(1980年)より開始され[注 69]、土曜日の21時20分頃から23時20分頃まで約2時間放送されている。, 多くの作品が闘病記などノンフィクションを基にしている[注 70]。第40回(2017年)・第41回(2018年)は昭和期に大活躍した偉人の半生を描いたドラマが放送されたが、第42回(2019年)は再び闘病記ものに回帰した。第43回(2020年)はドラマと他番組映像、関係者へのインタビューパートを織り交ぜたセミドキュメンタリー形式で放送された。2000年代以降はメインパーソナリティーを務めるグループのメンバーを主演に据えている場合が多い。, 番組内では、このコーナーのみ文字多重放送と解説放送が行われている(アイパートナーは石丸博也が担当)[注 71]。, ドラマ放送中に挿入されるCMの前後に数回、チャリティーランナーの現在の様子が報告される。, 日曜日の午前中には、主役が演じた実際の人物やその家族・仲間をメイン会場に迎え、原作・原案となった実話を「24時間テレビドラマスペシャル 真実の物語」と題してドキュメンタリーの形で放送する。, ドラマスペシャルを同時ネットしないテレビ宮崎と沖縄テレビでは、後日に遅れネットで放送される(ネット回線から録画しているためか提供クレジットの上からドラマのタイトル名を被せている)。, 2009年10月28日には、第29回(2006年)の『ユウキ』から第32回(2009年)の『にぃにのことを忘れないで』まで4年分のドラマがDVD化されて発売された。第33回(2010年)以降の作品も順次DVD化され、売り上げの一部はチャリティー募金として寄付されている。, 通常はドラマ終了後にCMを挟まず深夜企画のスタジオに画面が切り替わり、出演したパーソナリティによる総括があるが、第40回(2017年)と第43回(2020年)は一旦メイン会場に画面が戻り、その回のドラマの主役となった人物に関係する芸能人が歌を披露している(前者は日本武道館の使用時間期限の絡みで事前収録)。, 日本武道館が使用できない深夜の時間帯にあたるPART2・PART3(土曜日の23時20分頃[注 73]から翌朝まで[注 74])には、番町C1・C3スタジオ[注 75]からバラエティー色の強い企画が放送される。, 進行役はこれまでダウンタウン、ナインティナイン、三宅裕司、中山秀征、久本雅美、オセロ、ロンドンブーツ1号2号、爆笑問題、中川翔子、くりぃむしちゅー、スザンヌ、ネプチューン、チュートリアル、嵐、有吉弘行、二宮和也、有田哲平、指原莉乃、増田貴久、徳光和夫が歴任している。, 当初は音楽ライブを中心とした構成が多く、第2回(1979年)と第3回(1980年)は東京・浅草にあった国際劇場で夜通しの音楽ライブが行われた[40]。, 第4回(1981年)は、当時放送されていた『今夜は最高!』のスピンオフとして「タモリの素晴らしき今夜は最低の仲間達」を放送。赤塚不二夫とタモリによる「SM鞭打ち合戦」や出演者がミゼットレスラーに扮したプロレス等の過激な企画が行われた。, 第15回(1992年)以降はチャリティー色を薄めたバラエティー企画が中心となっている。過激な内容が放送されることも多く、第15回(1992年)には『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! - 13.いつか見た青い空! ?笑ってコラえて!』の人気コーナー「日本列島ダーツの旅」の特別版。全国各地に総合司会・パーソナリティー・サポーターが向かい、出会った人々にその年のメインテーマに基づいたインタビューを行う。, 第43回(2020年)は新型コロナウイルス感染症対策のため、新規のインタビューは行わなかった。代わって、過去に放送されたインタビューの中からセレクションした内容での放送となり、一部のインタビューに対しては2020年現在の様子を紹介する新規VTRを制作した。, 有名人やハンディキャップを持つ人、闘病者、被災者、故人などにスポットライトを当て、その年のメインテーマに基づく感動の実話を紹介する。, VTR終了後には本人とその家族がステージに招かれ、総合司会やパーソナリティが話を聞いたり、歌手が登場して歌を披露することもある。, 障害者や被災者がタレントと共に水泳・遠泳、トライアスロン、登山など様々な企画に挑戦する。かつては富士山登頂を目指す企画が度々行われていた。場所やチャレンジ距離など状況に応じて直前番組や『ズームイン! 『今日の日はさようなら』(きょうのひはさようなら)は、2013年 8月24日21:00.30 - 23:12.30に日本テレビ 系列『24時間テレビ36「愛は地球を救う」』内で放送されたスペシャルドラマ。 「りぃちゃん24時間テレビ」は、2013年12月13日から14日まで、動画配信サイト「ynn nmb48 channel」で配信されたnmb48メンバー総出演企画。 24時間テレビのドラマ歴代一覧と、歴代視聴率順ランキングを紹介します。出演者とあらすじを見ただけで感動がよみがえる人も多いかもしれませんね。24時間テレビの出演者といえば、ジャニーズが主演キャストを務めるのが恒例ですが、最初からそうだったわけではないです。 わたしたちの甲子園 - 夢は牛のお医者さん - 読売ジャイアンツ - 鉄道唱歌, NNNおはよう!ニュースワイド - アメリカ横断ウルトラクイズ - 全国高等学校クイズ選手権 - 24時間テレビ 「愛は地球を救う」 - ルックルックこんにちは - NNNニュースプラス1 - NNN ELECTION - スーパークイズスペシャル - 平成あっぱれテレビ - エンパラナイト - オジサンズ11 - 未来創造堂 - ジパングあさ6(NNNニュースジパング、YBCジパングあさ6) - ルンルンあさ6生情報 - 朝一番天気!あさ天 - あさ天5 - あさ天サタデー - あさ天サンデー - ニュース朝いち430 - THE・サンデー - TheサンデーNEXT - いつみても波瀾万丈 - 真相報道 バンキシャ! !)は、フジテレビ 系列で2013年 8月3日 18:30 - 8月4日 20:54(jst)に生放送された通算27回目の『fns27時間テレビ 『今日の日はさようなら』(きょうのひはさようなら)は、2013年8月24日21:00.30 - 23:12.30に日本テレビ系列『24時間テレビ36「愛は地球を救う」』内で放送されたスペシャルドラマ。, 原作は、幸和也著の闘病記『大空への旅立ち がんと闘いながらも夢見ていた未来』(文芸社)。主演は嵐の大野智。悪性リンパ腫の発覚からの闘病生活、そして再発、余命宣告を受けた青年の生涯を描く[1]。, 視聴率は23.4%を記録した[2]。2014年東京ドラマアウォード・作品賞優秀賞(単発ドラマ部門)を受賞[3]。, 片田舎の温かい家庭で料理人を目指し平凡な暮らしを送っていた青年、富士岡耕太。ある日突然倒れ、医師に悪性リンパ腫であることを告げられる。80%の人は治りますと言われたもののガンであることを受け止められない耕太と家族。恋人の田辺絵津子は「私にできることがあるなら何でも言って」と励ます。抗がん剤治療が始まり副作用に苦しむ日々。ある日隣室の原田信夫が声を掛けてきて気晴らしの方法などをアドバイスしてくれた。信夫は幼い頃から血液のガンで治療のため左足を切断、現在は義足を装着しているという。信夫は耕太を連れてカウンセリングルームを訪れる。カウンセラーの大久保由里子は「どんな人かわからないのにいきなり打ち明け話なんてできないでしょ?」と3人でババ抜きをする。治療の方は姉の小春と血液細胞の型が適合しているという結果が出て、移植が必要となれば姉がドナーになれることがわかった。, 抗がん剤の治療をひとまず終え、薬が効いているかの検査をしたがあまりよくない結果を知らされる。薬を変え移植も視野に入れて治療をするということだったが治る確率は40%くらいと告げられる。絵津子に結果を知らせるとその日からぱったりと姿を見せなくなってしまった。小春は自分の婚約者に移植のことを話した。婚約者は今後について様々な不安を感じていることをほのめかす。その様子から小春は自分から結婚を白紙に戻すと宣言した。父の健二郎は主治医にどんどん悪くなっているようにしか思えない、他の治療法はないのかと訴えるが、主治医の様子からこのまま続けるしかないと悟る。康子は好物の茶碗蒸しですら食べる気力がない息子の様子を見て、万が一のことが頭をよぎり取り乱し健二郎に当たり散らす。カウンセラーの由里子に声を掛けられた折に、母親なのに何もできることがないと泣くが、「十分、耕太さんの支えになってますよ」と慰められる。, ある日耕太は院内で倒れ、主治医はこのままでは危険な状態になるかもしれないと、寛解を待たずに移植をする方針にするという。そしてこれまでの経過から生存率は20%と告げる。耕太は家族に向けて先のことへの不安を口にし迷惑ばかりかけていると話す。小春は「迷惑なんかじゃない、できることは何でもする」と言うが、耕太は「そういうのが重荷っていうかストレスになってる」とこぼす。, 移植は無事成功し耕太は退院した。生きている喜びをかみしめながら日々を過ごしていたが、1年後再発、余命3か月だという。耕太は信夫と由里子に再発したことを告げ「ちゃんと死ぬってどうしたらいいんだろう」と問いかける。耕太はひとりで主治医とこれからの方針について話し合い、家族には、残された時間は家族と普通の生活がしたいから緩和ケアを望んでいると話す。耕太は「ちゃんと死ぬ」ために身の回りの整理を始め、かつての恋人絵津子に会いに行く。突然現れた耕太に謝るばかりの絵津子だったが、耕太はどうしても言っておきたくてとおわびとお礼の言葉を言って絵津子のもとを立ち去った。両親の結婚記念日には台所に立ち料理をつくったりなどして過ごしていたが、日増しに衰弱していく。食事もとれなくなり寝ている時と起きている時もあいまいになってきてしばらく経ったある日、耕太は緩和ケアの医師に栄養管を外してほしいと頼んだ。医師は家族に、管を外したらゆっくり意識が混濁していくこと、数日のうちに息を引き取ることになるだろうと説明する。家族は最終的に外すことに同意し耕太の管は外され、数日後息を引き取った。, 3.機の音 - 4.いのち・ひとつ - 5.スリーマンにアタック! 『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(にじゅうよじかんテレビ あいはちきゅうをすくう、英: 24HOUR TELEVISION "LOVE SAVES THE EARTH")は、1978年から毎年8月下旬[注 4]の土曜から日曜にかけて日本テレビ系列および沖縄テレビで生放送されている日本の長時間特別番組である。通称『24時間テレビ』、『24HTV』。, 日本テレビ系列(NNN・NNS)30社[注 5]に沖縄テレビ(フジテレビ系列)[注 6]を加えた31社が共同で主催している。, 第17回(1994年)以降の正式番組タイトルは『24時間テレビ○○ 「愛は地球を救う」』(○○には放送回が入る)[注 7][注 8]。第14回(1991年)以前は『19xx スーパー・スペシャル』と言う冠タイトルも頭に付けられていたが、番組冒頭のオープニングなど、ごく一部でしか表記されていなかった[1]。このタイトルは、現在も青森放送が番組公式サイトで使用している[2]。, 1978年、「愛は地球を救う」をキャッチフレーズとして、日本各地でチャリティーキャンペーン活動を行う番組として誕生した。年末年始や緊急時などを除いて、通常の放送を休止し特別番組を終夜放送[注 9]することは当時としては画期的な企画であった。, 視聴者からの寄付を、国内外の福祉・環境保護・災害復興の支援に役立てる事を目的とした番組であり「本当の主役は(テレビの前の)あなたです」を謳い文句にしている。このキャッチフレーズは2000年代初頭までエンディングで表記されていた[注 10]が、表記されなくなった後も徳光和夫が番組内で時々このフレーズを言及することがある。, 番組のイメージカラーは黄色。番組のシンボルマークは久里洋二が制作。赤色・黄色・緑色のグラデーションで色付けされた太陽と軌道上を周回する地球をデザインしたものである[注 11]。, 毎年8月下旬の土曜日夜から日曜日夜まで生放送されている(8月最終週の週末に放送されることが多い)。第1回(1978年)の放送時間は土曜日20:00 - 日曜日20:00であり、文字通り「24時間」であったが、その後は回により増減しながら24時間以上放送されるようになり、第25回(2002年)以降は原則として土曜日18:30 - 日曜日20:54と26時間半に亘って放送されている[注 12]。, 番組内容は毎年設定されるメインテーマに基づき、健常者のみならず、障害者や被災者、難病患者などにも着目[注 13]、チャリティーマラソンやドラマスペシャル、ドキュメンタリー、チャレンジ企画[注 14]などを中心に構成されている。番組内では出演者が応援ソングを歌う場面があり、使用される楽曲は毎年40曲前後にも上る。, 第3回(1980年)以降、メイン会場として日本武道館が使用されている[注 15]ほか、日産グローバル本社ギャラリーや系列各局のイベント会場では、チャリティーオークションなどのチャリティーイベントが開催される。, 徳光和夫は1978年の番組開始以来全ての回に出演している。第3回(1980年)から第33回(2010年)まで31年連続で総合司会を務めた[注 16]。, 歴代最多のメインパーソナリティーは、6回務めた櫻井翔(嵐)であり、嵐として第27回(2004年)、第31回(2008年)、第35回(2012年)、第36回(2013年)、第42回(2019年)に務め、第40回(2017年)には亀梨和也(KAT-TUN)と小山慶一郎(NEWS)と共にメインパーソナリティーを務めた。, 全国31社の民間放送局によって、全国から寄せられた募金の管理および適切な配分・行使を行うことを目的として、「24時間テレビチャリティー委員会」を組織している。全国各地で行われるチャリティーキャンペーン活動は、加盟各社がそれぞれの放送エリアで独立して実施している。, 募金は経費を一切差し引くこと無く[注 17]、全額が3つの支援活動に分配されて活用される。, 委員会や主催局は、社会福祉法第73条及び同施行規則14条・15条[3]に基づき、厚生労働大臣の許可を得て募金活動・慈善活動・資金配分などを行っている。この様な法的な規制や公正な募金活動の実施のため、募金スタッフの責任者は法令に基づいた「寄附金募集従事証」を所持している。, 募金はメイン会場の日本武道館、汐留・日本テレビ本社(超☆汐留パラダイス!会場内)、日産グローバル本社ギャラリー、系列各局のイベント会場、協賛企業・協力店[注 18]で受け付けているほか、金融機関[注 19]での振込による募金やイオンカード、クレジットカードを利用したインターネット募金も可能[注 17]。金融機関の24時間テレビ専用口座での振込募金は年間を通じて行う事が可能となっている。かつてはこの他に武道館や各ネット局にオペレーターを配置し電話による募金受付、郵便局での現金書留も行っていたがいずれも廃止されている。募金の方法は番組内及び公式サイトなどでも案内される。, 東日本大震災や西日本豪雨などの大災害が発生した場合には、日本テレビ系列各局が「24時間テレビ緊急募金」を告知し、募金を呼びかけている。この際、預けられた募金は日本赤十字社を通じて全額が被災地への義援金として贈呈される。, 現在は携帯電話のウェブコンテンツを利用した「24時間テレビケータイチャリティー」も実施しており、番組携帯サイトから待ち受け画像や着信ボイス、着信ムービーなどのチャリティーコンテンツを購入することで募金に参加することができる。第35回(2012年)以降はスマートフォンからも参加可能になった。, 日本テレビの夏のイベント「超☆汐留パラダイス!」の収益の一部もチャリティー募金として寄付されている。, 日本テレビ系列局が無い沖縄県からは、フジテレビ系列の沖縄テレビが参加しているが、FNS協定に反するという理由で一時期募金を行っていなかった。現在は募金額の一部をFNSチャリティー[注 20]に納入するという条件付きで募金を行っている。, 本番組の募金活動を悪用した詐欺行為が度々発生している。そのため、番組内や公式サイト、募金の告知スポットCMなどでは戸別訪問募金を一切行っていないことを強調し、詐欺行為に騙されない様に注意を呼び掛けている。, 2013年12月1日、「24時間テレビチャリティー委員会」は内閣府の公益認定等委員会から公益社団法人の認定を受けた。これにより、新たに発足した「公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会」に対する寄附金には寄附金控除(企業の場合は損金参入)などの税制上の優遇措置が適用されるようになった[4]。, 第1回(1978年)の放送から「リフト付きバス」および「訪問入浴車」(かつては「巡回お風呂カー」という名称だった)、「電動車椅子」を進呈している。第24回(2001年)の放送からは「スロープ付き自動車」の進呈を開始した。第16回(1993年)・第34回(2011年)・第35回(2012年)には車両の特別進呈を実施した。第36回(2013年)から「福祉サポート車」の進呈を行っている[5]。, 第42回(2019年)までに累計11404台の車両の進呈を行っている。第42回(2019年)は350台の車両進呈を行い、この時点でこれまでに寄贈された車両の内、3512台が稼働している[5]。, 第42回(2019年)の放送時点で「リフト付きバス」、「スロープ付き自動車」、「訪問入浴車」、「電動車椅子」、「福祉サポート車」を取り扱っている[5]。, 車両の寄贈を受けたい団体は4月までに申し込み、11月中旬までに寄贈先を決定。12月から順次納車される[5]。寄贈された車両について年に一回稼働状況の確認を行い、廃車時はチャリティー委員会に報告してから廃車される。第三者へ無断で売却や譲渡することは禁止。廃車後は別の福祉車両の、素材や部品に再利用される[5]。, 車体の塗装は、第1回(1978年)から第25回(2002年)までは白色ベースで屋根と車体の下半分を青色に塗り、白色部分の周りに細く赤いラインを引いたデザイン。第26回(2003年)から第39回(2016年)まで白色ベースで車体両サイドに羽ばたく青い鳥「ハッピーバード」を描いたデザイン。第40回(2017年)から現行のデザインになっている[6]。車体の前後左右に番組のシンボルマークと番組名、使用者の団体名が記されている。, 現在の主催局は日本テレビ系列30社[注 5] と沖縄テレビ(フジテレビ系列)[注 6] の計31社で、各局が共同主催で実施している。フジテレビ系列やテレビ朝日系列とのクロスネット局では、一部時間帯は当番組をネットせず、他系列の番組や自社制作番組を放送する。, 多くの時間帯は日本テレビからの内容が放送されるが、系列各局独自の内容も放送される。差し替えた時間帯に日本テレビで放送された企画が見られないことに対する意見・苦情に配慮して、その企画を当日または後日の夕方・深夜などに遅れ放送する局もある。, 本番組がスタートする前年(1977年)に行われた開局25周年記念番組の社内コンペにおいて、当時『11PM』のスタッフだった都築忠彦が、同番組にて放送されていた「巨泉の考えるシリーズ・世界の福祉特集」を下敷きとした企画を日本テレビに提案したところ採用された[8]。なお、アメリカのラスベガスで毎年開催されていたチャリティーテレソン『レイバー・デイ・テレソン』を参考にしたという指摘もあり、当時同局制作局長の井原高忠も自身の著書においてそう主張しているが[9]、都築は『レイバー・デイ・テレソン』は特定の病気(筋ジストロフィー)のための募金集めであり、趣旨が異なることや(指摘されるまで)該当の番組を全く見ていなかったとして、それらの指摘を否定している[8]。, 各回の平均視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム(ただし「24時間テレビ」枠外となる、ニュース等の一時中断番組を含めた数字)。, 日本テレビと一部の系列局で放送当日の夕方に60分 - 90分の枠で放送され、本編の内容予告や総合司会・パーソナリティーへのインタビュー、チャリティーランナーの現状報告、チャレンジ企画先との中継などが行われる。, 第2回(1979年)に『始まるまで待てない!24時間テレビ超特大予告編! 『fns27時間テレビ 女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる! エネルギー政策基本法(平成14年法律第71号)第11条の規定に基づくエネルギーの需給に関して講じた施策の概況に関する年次報告が、6月14日に閣議決定・国会報告されたことを踏まえ、その内容を公表します。 !シリーズ関係者 - 負ける気せんね - 汐留らーめん - フラッグベアラー - ヒーロー/明日へ - 書道ガールズ!! !朝!』の前枠番組だった『ジパングあさ6』から、当番組の総合司会歴任者でもある永井美奈子と松本志のぶも出演した。, 第43回(2020年)は『ZIP!』をベースに放送された。スタジオは通常『ZIP!』を放送している汐留日本テレビ・S4スタジオとコロナウイルス感染症以降一部出演者のリモート用に用いているマイスタジオからの二元放送で、出演者は『ZIP!』から桝太一、徳島えりか、天気予報に貴島明日香、中継にマーティン、そして前年までから引き続き『ズームイン! !』の企画「チキチキ大喜利大合戦」のスピンオフ「ミッドナイト大喜利歌合戦」で、ダウンタウンがヘルメットを被った吉田ヒロの頭にチェーンソーの刃を当てたことがある。第17回(1994年)には『ウンナン世界征服宣言』のスピンオフ企画「ウッチャンナンチャンの人間をもう一度信じて見たいスペシャル!」では『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』の企画「人間水車クイズ」が行われた。, 第19回(1996年)は「ナイナイのニュース決定戦」と「スポーツ超人選手権」の2つのコーナーを並行して放送した。, 第27回(2004年)までは2部制で放送されることが多く、主に前半は出演者がテーマに沿った歌を歌う企画(『THE夜もヒッパレ』の生放送版やその発展版である『HOT HIT 100』シリーズ)、後半はバラエティー企画が放送されていた。, 第28回(2005年)は「懐かしの名番組 夜の同窓会」と題し、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』、『マジカル頭脳パワー!!』、『電波少年』、『スーパーJOCKEY』、『お笑いスター誕生! - Oha!4 NEWS LIVE - レッツ! 24時間テレビが終わりましたが、今年も24時間テレビドラマが話題になりましたね。2019年の24時間テレビドラマも視聴率が18%と好調でしたが、これまでの24時間テレビドラマの歴代では、どんな作品が視聴率ランキングに入っていたのでしょうか。 日本テレビ「24時間テレビ42ドラマスペシャル 絆のペダル」公式サイト。2019年8月24日(土)夜9時ごろ放送。主演・相葉雅紀。新たな時代に語られるべき、母子の絆の物語! !』シリーズから徳光和夫、羽鳥慎一が出演。加えて『news every.』とのコラボ企画も放送され、『news every.』から藤井貴彦、天気予報に木原実、中継に渡辺裕太が出演した。朝夕共にフジテレビの番組をネットしており通常両番組は放送しないテレビ宮崎・沖縄テレビ(6時まで)でも放送された。, 1回目は日曜日昼の長時間ローカル枠終了後、2回目はグランドフィナーレの「サライ」間奏時[注 84]。, 第28回(2005年)までは募金額表示用に特設された電光掲示板(電球方式で数字のみ表示)、第29回(2006年)からは日本武道館に設置されている電光掲示板(LED方式で単位の漢字表記も加えられた)で表示されている。, 東京都庁舎で開催された第14回(1991年)は、紙に手書きで募金額を記入して発表した。東京ビッグサイトで開催された第32回(2009年)は、ステージ中央の大画面モニター(1回目の中間発表はパーソナリティー席のモニター)に映し出された。両国国技館で開催された第42回(2019年)は、ステージセットがMC席を除いて巨大な横長モニターになっていたため、CGの右上に枠を表示して武道館と同様の表記がなされた。第43回(2020年)はビッグサイトと同様にステージ中央の大画面モニターに映し出された。, 第21回(1998年)と第33回(2010年)に行われた「旅立ちの時コンサート」では久石譲が音楽監督・指揮を務めた。第29回(2006年)・第33回(2010年)・第36回(2013年)のスペシャルダンスにはダウン症児者のダンスチーム・ラブジャンクスが出演した。, パーソナリティーが海外に赴き、戦争・難民・ストリートチルドレン・スラム街・飢餓・難病・伝染病・エイズ・幼児売春などの問題をリポートする。, 『笑点』の特別版。日曜日の17時20分頃から18時過ぎまで麹町Gスタジオ→番町スタジオから生放送される。第42回(2019年)・第43回(2020年)には事前収録によるメインパーソナリティとの対抗大喜利を加えた2本立てで放送され、放送時間も1時間に及んだ。他にもこれに続ける形で林家こん平[注 86]や桂歌丸[注 87]といった過去の笑点メンバーを扱った企画が放送されたこともある。, 番組終盤には谷村新司と加山雄三がメイン会場を訪れ[注 88]、日曜日の20時40分頃から「サライ」の大合唱が始まる。, 合唱は東京のメイン会場だけではなく、チャリティーイベント会場や各局のメイン募金会場[注 89]でも行われる[注 90]。合唱中は番組のハイライトと各会場の合唱の様子が次々と切り替わって映る(ただし、チャリティーランナーが未到着または到着直後の場合はそちらの様子が優先され、合唱の様子はワイプによる小画面での放送となる)。ステージ上の日本テレビ小鳩文化事業団手話コーラス部による手話コーラスの様子が映るのも恒例となっている。, 楽曲の間奏中には20時現在の募金額を総合司会が報告する。その後、スタッフロールが縦に流れ、メイン会場の外観やメインステージの遠景をバックに、各回のメインテーマに則したメッセージと提供クレジットが表示され、「サライ」の大合唱の途中で番組終了となる[注 91]。番組終了直後には第1回(1978年)からの協賛企業である日産自動車のヒッチハイクが入る(一部地域では差し替えあり)。, 読売テレビなど一部の局では、日本テレビからのエンディングの途中(「サライ」歌唱中のタイミング)で各局の会場に切り替え、「ローカルパートのエンディング」として、最後の挨拶やローカルパートのスタッフロールを流していた。しかし第37回(2014年)で、読売テレビがこの年のチャリティーランナーだった城島茂が武道館に入る直前に読売テレビからの映像に切り替え、それが終わった頃には間奏での募金中間発表が済んで城島がゴールテープを切る直前から飛び乗る格好になってしまい、視聴者から意見が届いたことがあった[41]。それを受け、読売テレビでは翌年以降は差し替えは行わず、3枠目の長時間ローカル枠終了直後にある『チャリティー笑点』前の最終ローカル枠をエンディングに充てている。これに対し福島中央テレビなどでは、右下に表示される系列局の中継・ハイライト映像の上から自局の映像を途中で数秒ほど被せて対応するケースを取っている。, 会場内では『サライ』の演奏終了後に総合司会・パーソナリティ・番組サポーターと日本テレビ社長が一人ずつ観客へ向けて最後の挨拶を行い、全ての催しが終了となる。, 番組終了後に『行列のできる法律相談所』との間の5分枠で福島中央テレビなどローカルニュースがある地域では、改めてフィナーレを迎えたことを報告するとともに、視聴者への謝礼がニュース項目として伝えられることがある。, 初回から第13回(1990年)[注 92]にかけて、日曜日の10時頃から正午頃に約2時間のスペシャルアニメが放送された。第5回(1982年)を除いて11回にわたり手塚治虫及び手塚プロダクションが番組に賛同し、オリジナルアニメを制作・放送してきた。第12回(1989年)の放送前に手塚が逝去した後、第13回(1990年)は前年に開始した『それいけ!アンパンマン』のスペシャルを放送し、これを最後に放送されていない。, 日曜夕方に放送されていたコーナー。年によってはグランドフィナーレの一部として放送していた。, 第1回(1978年)から1980年代後半までメイン会場とは別に代々木公園にグランドフィナーレ会場を設けており、公園通りから会場までをパーソナリティやコーナー出演者がパレード。会場到着後はそちらの進行役を務めたり募金の受け渡しを行っていた。, 当初は吉本興業や松竹芸能などの上方芸人が多数出演し募金を呼び掛ける関西色が強いコーナーだったが、後に「ひろがれ愛の輪 熱唱コンサート」などと題し大阪城公園や大阪城ホールからアーティストによるチャリティコンサートの模様を放送していた。, 前述の通り、第15回(1992年)で廃止したが、第17回(1994年)のみ一度だけ復活している。なお、第1回(1978年)は読売テレビが実質共同制作に近い形で関わり、担当コーナー以外の日本テレビ制作パートでも読売テレビのスタジオから横山やすし・西川きよしらから関西地区(主に読売テレビ視聴エリア内)での随時募金報告が伝えられていた。, 第6回(1983年)からレギュラー出演を辞める第12回(1989年)まで放送されていた、萩本欽一が全国の募金会場を訪ねる中継コーナー。第8回(1985年)は春に休養宣言を掲げ全レギュラー番組を休演・降板していたため放送されなかった。第20回(1997年)にも間寛平・佐藤藍子・猿岩石による復活企画が行われた。, 第15回(1992年)から第19回(1996年)に行われてきた中継企画。チャリティーパーソナリティーが都内の募金会場に出向く企画。「紅の豚」が公開した年には「紅の豚号」として実施。 !』(fns27じかんテレビ じょしりょくぜんかい2013 おとめのえがおがあしたをつくる! 日テレ毎夏恒例24時間テレビ内での午後9時台スペシャルヒューマンストーリーとして、【誰も知らない志村けんさん―残してくれた最後のメッセージ―】を放送することが発表されました。今回は2020年24時間テレビスペシャルドラマ【誰も知らない志村け 『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(にじゅうよじかんテレビ あいはちきゅうをすくう、英: 24hour television "love saves the earth" )は、1978年から毎年8月下旬 の土曜から日曜にかけて日本テレビ系列および沖縄テレビで生放送されている日本の長時間特別番組である。 盲導犬ハッピー号の大冒険 - 14.夜が明けるまでに 恵子の選択 - (中断) - 20.勇気ということ, 21.心の扉 - (中断) - 24.最後の夏休み - 25.父さんの夏祭り - 26.ふたり 私たちが選んだ道 - 27.父の海、僕の空 - 28.小さな運転士 最後の夢 - 29.ユウキ - 30.君がくれた夏 〜がんばれば、幸せになれるよ〜, 31.みゅうの足パパにあげる - 32.にぃにのことを忘れないで - 33.みぽりんのえくぼ - 34.生きてるだけでなんくるないさ - 35.車イスで僕は空を飛ぶ - 36.今日の日はさようなら - 37.はなちゃんのみそ汁 - 38.母さん、俺は大丈夫 - 39.盲目のヨシノリ先生〜光を失って心が見えた〜 - 40.時代をつくった男 阿久悠物語, 41.ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語 - 42.絆のペダル - 43.誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-, 1正式なクロスネット局ながら、NNNフルネット局(NNNのニュース番組は全て同時ネットのため)、ANNには報道部門のみ参加。2FNN/FNSとのクロスネット局(資料によってはNNN、FNNのみの加盟と記述してあるものもある)。3FNN/FNS、ANN(報道部門のみ加盟)とのクロスネット局、NNSには非加盟。4加盟局が運営・出資する衛星放送(CSチャンネル)。2020年現在では日本テレビのみが運営・出資している。51996年10月1日開局、2000年9月30日閉局。6太字はNNN・NNS双方に加盟。細字はNNNのみに加盟。7旧NTVは2012年に現NTVに放送免許を譲渡。8加盟当時はSKT静岡県民放送。9CTV開局後はNNSのみダブルクロス。10母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。, 徳光和夫1979.3.5-1988.3.7 / 福留功男1988.3.8-1998.8.31 / 福澤朗1998.9.1-2001.9.28, 福澤朗2001.10.1-2003.1.31 / 羽鳥慎一2003.2.3-2011.3.31, 大桃美代子2001.10.1-2005.4.1 / 西尾由佳理2005.4.4-2011.3.31, 福澤朗1996.4.6-1998.8.29 / 羽鳥慎一1998.9.5-2003.2.1 / 矢島学2003.2.8-2006.3.25 / 藤井貴彦2006.4.1-2010.3.27 / 上重聡2010.4.3-2015.3.28 / 辻岡義堂2015.4.4-, 山岡三子1996.4.6-2004.9.25 / 望月理恵2004.10.2-現在, 5月:DAIGO / 6月:横浜流星 / 7月:秋山竜次 / 8月:りんごちゃん・EXIT / 9月:福原遥 / 10月:神木隆之介 / 11月:橋本環奈 / 12月:山田裕貴, 1月:上白石萌歌 / 2月:吉沢亮 / 3月:佐野勇斗 / 4月:玉城ティナ / 8月:森七菜 / 9月:DAIGO(2回目のマンスリー) / 10月:生見愛瑠 / 11月:松下洸平 / 12月:神尾楓珠, 斉藤まりあ / 森麻季 / 岸本梓 / 伊原凛 / 小熊美香 / 河合優 / 宇井愛美, 佐々木もよこ / 上野優花 / にわみきほ / 岩本乃蒼 / 榊原美紅 / 長沢裕 / 貴島明日香, おはよう忍者隊ガッチャマン - マジンガーZIP! !朝!』の「お天気リレー」の特別版。日曜日の早朝[注 83]に行われる。, 第14回(1991年)以前は概ね朝5時台から6時台の枠で、各局の中継先をリレーで結びながらテーマに沿ったボランティアの取り組みなどを紹介する『ズームイン!!朝!』のような形式をとっていた。リポーターも『ズームイン! !』の人気コーナーの復活版。高校生が1分半程度のオリジナルダンスパフォーマンスで競う。, 出場資格はメンバー全員が高校生であること、2人以上のチームであること(高等専門学校は在学3年以内、特別支援学校は高等部在籍)。全国各地での1次審査(遠方の場合はビデオ審査での参加も可能)と予選大会を勝ち抜いた6チーム[注 93] が本番当日にメイン会場でパフォーマンスを行い、視聴者による投票(番組連動データ放送またはパソコン・スマートフォンで参加可能)[注 94] によって優勝チームが決まる。『元気が出るテレビ! 日本テレビ「24時間テレビ42ドラマスペシャル 絆のペダル」公式サイト。2019年8月24日(土)夜9時ごろ放送。主演・相葉雅紀。新たな時代に語られるべき、母子の絆の物語! テレビ朝日開局60周年記念 テレビ朝日 abema telasa 共同プロジェクト『24 japan』番組サイト「相関図・キャスト」ページ。相関図・キャスト紹介。 24時間テレビドラマスペシャル 今日の日はさようなら. !朝!』の各局キャスターが登場する事が多かった。『天才!志村どうぶつ園』など同局の人気番組やマジック、漫談、ものまねといった演芸とコラボレーションするなど、通常の「お天気リレー」とは一風変わったスタイルで放送される。系列各局やチャレンジ企画先と中継で結び、日曜日の天気予報のほか、メインテーマに沿った人物や風景を紹介していく。ものまねとのコラボでは、総合司会の羽鳥が毎年必ず「天気予報は本当です!」と実際の予報を伝えていることを強調している。, 第40回(2017年)からは歴代の『ズームイン!!』シリーズの司会者である徳光和夫、福留功男、福澤朗、羽鳥慎一と『ZIP!』の司会である桝太一の5人が出演している。これは第34回(2011年)の放送で徳光がマラソンにチャレンジした際に、7時をきっかけに休憩所に応援に来たアントン・ウィッキーとズームイン!!ポーズをとり、きくち教児(中京テレビ)・辛坊治郎・森たけし(読売テレビ)と回線をつないだことがベースとなっている。第42回(2019年)には『ズームイン! 平成24年9月5日に、議員立法による改正動物愛護管理法が公布され、平成25年9月1日より施行されました。 1.動物取扱業者の適正化 (1)犬猫等販売業に係る特例の創設 !』の演出担当だったテリー伊藤がパーソナリティーと共にコーナーを進行する。, 全チームのパフォーマンスが終了した後には、エキシビジョンとしてパーソナリティーとコラボパフォーマンスを行う。, 出場資格はメンバー全員が高校生であること、8人以上30人以内のチームであること(ダンス甲子園同様高等専門学校は在学3年以内、特別支援学校は高等部在籍)。音楽のジャンルは問わない。1次審査と予選を勝ち抜いたチームが本番当日にメイン会場で合唱を披露し、タレント審査員・高校生観客審査員・視聴者(番組連動データ放送またはパソコン・スマートフォンで参加可能)による投票によって優勝チームを決定する。, 協賛企業は番組最初のネットセールス枠(土曜18時台)と月曜日に放送される『24時間マラソンの舞台裏』でもスポンサーを務めており、『24時間マラソンの舞台裏』では全社の連名で、エンディングの募金中間発表を改めて報告するとともに募金への感謝のメッセージを伝えるCMを製作・放送している。, 番組オリジナルのTシャツは「チャリTシャツ」と呼ばれ、基本的に黄色をベースにしている。24時間テレビ企画発案者でもある都築忠彦によれば、番組がスタートした1978年はベトナム戦争終結からまだ3年しか経っておらず、暗い空気が世界中に漂っていたこともあり、「幸せを求める」「平和を求める」という思いで映画『幸福の黄色いハンカチ』から採ったものである。また、番組開始当時は屋外での企画が多かったこともあり、表参道でのチャリティーパレードには警察が交通整理をしなければならなくなる程の人だかりが出来ることもあったため、一目で24時間テレビのスタッフだと分かるように目立つ色にしたかったからとも語っている[注 98][42]。なお、第15回(1992年)から第27回(2004年)は山吹色、第28回(2005年)以降はレモン色に近い配色になっている。, 第28回(2005年)は香取慎吾の発案で黄色以外の色のTシャツが製作され、翌年以降も色のバリエーションが増えた(下表参照)。番組開始からしばらくの間は、浅葉克己デザインによる太陽と地球をイメージした番組シンボルマークをデザインしたものを使っていたが、1990年代後半からはパーソナリティーや著名デザイナーのデザインによるものが多くなっている。, チャリTシャツはタオル、缶バッジ、クリアフォルダ、チャリティーバンド、チャリティーバッグなどと共にチャリティーグッズとして市販されている。, 第1回(1978年)から現金書留による通信販売が行われ、1980年代から第27回(2004年)まではイトーヨーカドーの一部店舗で販売されていたが、協賛企業がIYグループ(現在のセブン&アイ・ホールディングス)からイオンに替わった第28回(2005年)以降は、イオングループ各店舗(イオン・ダイエー・マックスバリュ・イオンスーパーセンター・ミニストップ・ビブレなど)で販売されている。, その他、日本テレビオフィシャルショップ「日テレ屋」(汐留店・東京駅店)や協力店[注 99]でも購入できる。通信販売も行なっており、「24時間テレビチャリティーグッズ通販サイト」で注文を受け付けている。, チャリTシャツは毎年約30万枚 - 100万枚程度売り上げており、販売収益金はチャリティー募金として寄付されている。歴代最多の販売枚数は第36回(2013年)の124万枚。, 出演者とスタッフはほぼ全員チャリTシャツを着用し、番組内に挿入されるニュースコーナーを担当するキャスターやニュース専門チャンネル『日テレNEWS24』に出演するキャスターも当日はチャリTシャツを着用する。また、スタッフの多くは番組開始以来使われてきたスタッフ専用の山吹色のTシャツを着用する。ただし、コーナー出演者やゲスト出演者は例外的にスーツやタキシード・ジャージなど別の衣装で登場する場合がある。, 番組プロモーションの一環として、本番組の約1ヶ月前から日本テレビ系列の報道番組・情報番組の一部出演者はチャリTシャツを着て番組に出演する。, 以前は日本武道館への入館や観覧は自由であり、一度入館したら翌日の放送終了まで終始館内に留まって座席にて夜通しで観覧することが可能だったが、警備上の問題に加え、出演するタレントを目当てとした観客が長時間に亘って会場に留まり続ける「出待ち」などの問題が指摘されたため、第20回(1997年)からは事前申し込み制に改められた。, 観覧希望者は公式サイトに記載された内容に沿ってはがきで申し込みを行う(1人1通まで)。入れ替え制のため、1日目(18時半 - 21時頃)と2日目(7時頃 - 21時)のいずれかを選択して応募する。応募者多数の場合は抽選によって当選者が決まる。, 当選者には事前に観覧招待券(1人につき1枚、未就学児は送付された保護者と同伴でしか入場が許されない)が送付される。入場時には本人確認のため、本人確認書類の原本を提示を求められるほか、会場内での撮影や録音は一切認められない。再入場については、土曜日は会場の使用時間の関係で不可となっているが、日曜日については来場者にリストバンドを配布し、それを装着することで退場・再入場が可能となっている。, 客席での弁当持参・飲食は可能で、施設内の自動販売機・売店も利用できる。また、両日の放送終了後にはメインパーソナリティによるミニコンサート(この模様は放送されない)も行われる。武道館では1階を募金受付列やスタッフ・カメラ・企画等のスペースに充てるため1階席は用意されないが、第32回(2009年)のメイン会場だった東京ビッグサイトは1階席が設けられた。また、第42回(2019年)の両国国技館は1階マス席を格納して席の上部のみ開放、下部分は完全格納した上で武道館と同様のスペースに充てた。2階部分は椅子に着席、1階マス席は床にそのまま座る方式となった。, 募金に関しては自由来場となっているが、募金後はすぐに退出する事となっており、客席への入場は一切認められていない。また、土曜日21時頃から日曜日7時頃までは入場できない。武道館正面入口にはアリーナ内とは別に募金受付用のテント(かつては記帳所もあった)があるが、こちらは夜通しで募金受付を行っている。第32回(2009年)のメイン会場だった東京ビッグサイトは募金受付が会場の外に設けられていたため、会場内に入ることはできなかった。, 日産グローバル本社ギャラリー(横浜みなとみらい21)[注 101]では、番組と連動したチャリティーイベントが放送日に合わせて2日間開催され、お笑いタレント、アイドル、ミュージシャン、アスリートなどが多数参加する。, パーソナリティー、イベント出演者、有名人から提供された品物のチャリティーオークションやお笑いライブ、音楽ライブなど各種イベントが行われる。オークションの売り上げは寄付され、福祉車両の購入費などに充てられる。, 会場では協賛企業である日産自動車のエコカーや福祉車両(ライフケアビークル)の展示が行われ、日曜日の午前中にはメイン会場からパーソナリティーの1人が駆けつけ、福祉車両の贈呈式が行われ、番組内でも中継される[注 102]。, 日本テレビの新人アナウンサーが先輩アナウンサーと共に司会として参加する。また、かつては日テレジェニックが出演するのが恒例になっていた。, 系列各局もローカル枠と連動したチャリティーイベントを独自に開催する。タレントをゲストに呼ぶ局もある。メイン会場は社屋である場合が多いが、近年はイオングループがスポンサーになっている関係もあり、イオンモールとするケースも見られる。, 番組放送当日に募金の受付や募金会場の準備・撤収、車椅子利用者の介助などを担当するボランティアを毎年公式サイトなどで募集している。, 応募資格は満16 - 29歳の学生又は社会人で男女は問わない[注 103]。ただし、放送回や系列局によっては応募資格が若干異なる場合があり、一般募集自体を行わない(局が指定した福祉関係学科のある高校・大学での内部募集のみなど)系列局もある。, 番組放送日を含む前1週間(月曜日 - 放送当日)に、チャリTシャツを着用して街頭で募金呼び掛けを行う。, 日当はなく、食費補助として1日数百円が支給される。着用したTシャツはもらう事ができ、7日間参加すると2枚支給される。系列各局が7月下旬 - 8月上旬にCM、公式サイトを通じて募集する。, 商店街、自治体、ボランティアサークル、学校などの団体が系列各局に登録しており、年間を通して募金活動を実施している。, 放送日の1ヶ月前から毎週日曜日の午後に関東ローカルで1時間枠の事前番組が生放送される。総合司会、パーソナリティー、サポーターやチャリティーランナーが生出演し、番組の見どころを紹介する。, 放送前週の月曜日からは深夜に5分枠のミニ事前番組が編成され、放送週の月曜日深夜からは15分枠に拡大される。また、放送週の火曜日からは20:54 - 21:00にもミニ事前番組が編成される。, 第25回(2002年)より、『行列のできる法律相談所』は本番組の直後に放送される番組となっている[注 104]。第28回(2005年)以降は一部の回[注 54]を除き、チャリティーランナーが放送時間内にゴールできなかった場合の中継枠を兼ねて、日本武道館の道場から生放送を行っている。その際は、本番組終了直後の総合司会・パーソナリティー・チャリティーランナーがゲスト出演する。また、第28回(2005年)・第30回(2007年)・第34回(2011年)・第37回(2014年)には同番組の生放送スペシャルでチャリティーランナーの発表が行われた。, 第35回(2012年) - 第37回(2014年)・第40回(2017年)・第42回(2019年)には『嵐にしやがれ』でメインパーソナリティーを発表した。また、第35回(2012年)・第36回(2013年)・第42回(2019年)には同番組でチャリティーランナーの発表(2019年は4人いたチャリティーランナーの3人目の追加発表)が行われたほか、第42回(2019年)には同番組でスペシャルドラマの追加キャスト発表が行われた。, 『おしゃれイズム』には、本番組放送翌週の回にチャリティーランナーがゲスト出演することがある。, 翌日の『ZIP!』以降、日本テレビの各情報番組ではパーソナリティ・ランナーらに密着した舞台裏などの映像が一日を通して放送されるのが恒例になっている。『スッキリ』と『情報ライブ ミヤネ屋』ではメイン会場にリポーターが赴くが、後者の場合、司会の宮根誠司が『Mr.サンデー』(フジテレビ・関西テレビ)の生放送で日曜日は東京にいることから、本番組にゲストで来る宮根あるいはリポーター陣がランナーやパーソナリティに差し入れを持っていく企画が恒例になっている。, 毎年、9月第1日曜日に系列局の青森放送で放送される青森県民駅伝競走大会中継では、チャリティーマラソンで使用した移動中継車が日本テレビより貸し出され、1号車として使用される。中継の直前番組では、中継車を紹介する際に必ずチャリティーマラソンについて言及する。, 読売新聞社の呼び掛けにより、『FNS27時間テレビ』放送日にフジテレビ本社前で共同でチャリティー募金活動を行ったことがある。, 第12回(1989年)には、在京民放各局の看板アナウンサーやキャスターが出演し、世界の福祉や貧困などに関わるクイズ形式のリポート企画が行われた。このためエンディングには、協力として「東京放送(テレビ局としては現在のTBSテレビ)」「フジテレビ」「全国朝日放送(現在のテレビ朝日)」「テレビ東京」と民放キー局4社がクレジットされた。, 第28回(2005年)には、メインパーソナリティーの香取慎吾が司会を務めるテレビ朝日系列の生番組『SmaSTATION-4』と同時中継を行った。テレビ朝日本社の受付にも募金箱が設置され、チャリティーを行った。, 番組をかたるアンケートメールがあるため公式ホームページにおいて「現在番組名をかたり、アーティストが関わっているかのようなアンケート形式の迷惑メールが出回っていますが、当番組とは一切関係ありません。十分、ご注意ください。」と注意喚起が行われている[43]。, 日本武道館に隣接する北の丸公園を管理する環境省では「【お願い】24時間テレビに伴う混雑の緩和にご協力ください」とのお知らせを出している[44]。, 2016年8月28日に当番組の裏番組として放送されたNHK Eテレ『バリバラ〜障害者情報バラエティー〜』「検証!『障害者×感動』の方程式[45]」が感動ポルノを取り上げ、当番組を批判した[46][47]。, 日本テレビ系列局で放送されている5分間のミニ番組。日本テレビでは1978年9月9日から放送されている。, 集められた募金の使用経過の報告を行う。7月から9月には本番組の内容予告や開催当日のミニリポートを行う場合がある。, 放送時間は各放送局により異なり、日本テレビ系列局が無い沖縄県など未放送の地域もある。日本テレビでは2012年9月30日までは日曜日早朝に単独番組として放送されていたが、2012年10月7日放送分より『日テレアップDate!』の内包番組として放送されている。, 1978年 萩本欽一・大竹しのぶ・大橋巨泉・竹下景子 / 1979年 萩本欽一・黒柳徹子・國弘正雄 / 1980年 萩本欽一・徳光和夫 / 1981年 徳光和夫・見城美枝子 / 1982年 - 1983年 徳光和夫 / 1984年 徳光和夫・沢田亜矢子 / 1985年 - 1987年 徳光和夫・アグネス・チャン / 1988年 徳光和夫・アグネス・チャン・久和ひとみ・小牧ユカ / 1989年 徳光和夫・アグネス・チャン・和田アキ子・渡辺徹 / 1990年 徳光和夫・アグネス・チャン・山田邦子・渡辺徹 / 1991年 渡辺徹・森口博子・徳光和夫・福留功男 / 1992年 - 1994年 徳光和夫・楠田枝里子 / 1995年 - 1997年 徳光和夫・永井美奈子 / 1998年 - 2000年 徳光和夫・笛吹雅子, 2001年 - 2004年 徳光和夫・松本志のぶ / 2005年 - 2010年 徳光和夫・西尾由佳理 / 2011年 羽鳥慎一・西尾由佳理 / 2012年 羽鳥慎一・鈴江奈々 / 2013年 羽鳥慎一・桝太一 / 2014年 - 2020年 羽鳥慎一・水卜麻美, 3.機の音 - 4.いのち・ひとつ - 5.スリーマンにアタック!

上野 ギャラン アクセス, そんなことないよ 英語 謙遜, 嬉しい 英語 ビジネス, キム ボヨン 再婚, 品川 アトレ レストラン, 小さな恋の歌 楽譜 リコーダー, ボディミスト 学校 付け方, ぐるなび ログイン 楽天, 真田丸 動画 43, 関西学院大学 一般 開放,

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

沖縄料理シーサー

【住所】愛知県大府市共栄町9-9-9
【電話】0562-44-3799
【営業時間】17:00~24:00(LO.23:30)
【定休日】毎週月曜日

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△